着物(和服)とは

着物は日本の伝統文化として世界に誇れる文化の1つです。日本人に生まれてきたなら一度はみんな必ず来ている着物、今では洋服が一般的で、着物は冠婚葬祭などの行事やお祝いの行事の正装として着用されることが多いのですが、一昔前までは着物が普段着として着用されていました。現代の私達は着物の事を知らない事が多いと思います。それでは私達の知らない着物の世界について調べてみました。

PR 結婚祝いに特別な記念の時計を贈る
http://kk-tanaka-watch.com/
婚約・結納・結納返しにペアの腕時計はいかがでしょう。
日付やイニシャルを刻印するサービスもございます。
TANAKAウォッチギャラリー 今池本店・久屋大通店

着物の語源

着物は「着るもの」という言葉がつまって、次第に「着物」と呼ばるようになったそうです。この「着物」という言葉は国際語でも「KIMONO」として世界で通用します。また、KIMONO=和服または日本の伝統的な民族衣装という意味で広く知られています。

着物の歴史

現在、私達が着物として良く知られている形の着物は平安時代から始まったと言われいます。初めの頃の着物は小振りで、身に着けると丁度の丈でした。今でいう「小袖」の始まりといわれています。

着物の種類

小紋:一反の反物全体に模様が繰り返しつけられたものです。小紋の着物の種類では友禅・紅型・更紗・絞り・ろうけつ染め・江戸小紋等が代表的です。

訪問着:訪問着は年齢や未婚既婚を問わず着用できる着物です。その特徴は縫い目で柄が切れない様に絵羽付けされています。またデザインも全体的に観て1つにつながっていて、裾から後ろ見頃、肩から背中、袖に柄付された着物です。また、訪問着に3つ紋、1つ紋を付けると準礼装の着物として使用できます。

色留袖:色留袖は既婚者の女性の礼装として格調高い着物になります。柄は主に裾模様が多く、染め抜き日向5つ紋を付けると黒留袖と同じくらいの正礼装として扱われます。ただし、紋の数が1〜3つになると準礼装になるので気を付けてください。着用目的として主に結婚式やパーティ、正式なお茶会などに最適です。

黒留袖:既婚者の正礼装です。染め抜き日向5つ紋がついて、裾から後ろにかけての模様が特徴になっています。主に結婚式では新郎新婦の母親や家族、親族や仲人夫人が着用します。

振袖:未婚女性の準礼装です。振袖には振袖と本振袖があり袖の長い物が格が高く、小振袖は晴れ着扱いとなります。

帯について

帯枕
帯揚げで帯枕を包み、帯が下がるなどのくずれを防ぎ、帯の形を整えます。
帯枕は、芯にスポンジ、へちま、綿などを用い、布で巻いて作られています。

帯揚げ
帯枕を包み、胸元で締めます。
帯の重さを加減し、帯の形を整えます。
現在では、装飾的な目的が大きくなっています。
生地には縮緬(表面にシワがあり、ちりめん状になった生地)、綸子(りんず)、羽二重などがあり、ぼかし絞り、小紋染め(小さな模様を全体に染めたもの)などの種類があります。

帯締め
結んだ帯を押さえるために用いられており、装飾的な目的もあります。
綿を芯にして、綸子や羽二重などの生地を棒状にした帯締めと、糸を編んだような組紐(くみひも)があります。
組紐には、丸組と平組があります。

腰紐
着物や長襦袢の丈を決めて、それを保つため腰の部分を腰紐で締めます。
すべりにくく、色が落ちない生地が適当で、木綿よりもきめ細かいモスが多く用いられています。

伊達締め
長襦袢と着物の胸元を整えて、胸元のくずれを防ぐために用いられます。

帯枕
前板とも言われます。
帯の前の部分にしわが入らないよう、帯を整えるために用いられます。

草履
一般に草履は着物の格によって高さが変わり、礼装には高めのもの、普段着や喪服の場合には低めの草履を履きます。